•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

一人で何かを達成することは難しい。試みた人はみんなそれを知っている。

オフロード車で遠隔地を旅行するには、頼りにできる数人のグループが必要。私達はそれを友達で作ったからとても運が良かった。同じ目標と無数のアイデアが私達の道を長年に組み合わせた。数回の旅行の後で、共通のブランドを作るという提案を思いついて、Drivenfar.comプロジェクトが生まれた。好奇心と情熱のある人のグループがそのプロジェクトの強みであって、一番大事なのは自分への尊敬と周りの世界への尊敬。目的は目的地ではなくて、そこへ旅行すること自体。出来れば長い旅行。

遠くへ、安く、面白く旅行すること。

ガイドブックの「見るべきスポット」から離れた場所を見ること。

キロメートルを積んで、山、砂漠、沢、新たな国、海、大陸にたどり着く。具体的な計画はないが、いつも何かアイデアはある。いつも私達のキッチンや広間や寝室がある車で。四輪バギーもラーダもあったし、良い車もそんなに良くない車もあったし、旅行だけのために買った車や何か月間調整されていた車もあった。今日は重いオフロード車であるが、一年後それはトラックになるかもしれない。運命と自然に対して謙遜で、困難と不便にもかかわらず世界中を笑顔で旅行したいつもりだ。

本気で。家の周りを旅行するのではなく、結構遠くへ旅行しているから。だけど、威張らないで、素朴に旅行している。私達の車は故障したりして、主食は缶詰、寝る場所はテント、時々キャンプファイヤーの隣の地面。私達は自然が大好きで、完全に親むことができる。夏も冬も。

日常は様々な職に就いている。家族との夏休みは普段もっと平凡な計画があるが、キャラバンで旅行することがとても好きので、時々どこかでの道で私達と一緒のキャラバンを見かけることがある。

私達のDrivenfarプロジェクトに関する計画の大幅が大体地図で見せることができる。グループで行動すると難しい旅行なんてないという意識が素晴らしい。ないから。自分達にも、あなた達にも、一番遠い場所まで一人で旅行することができるということを見せている。想像するどこへも。私達はこの経験を共有しているのは、あなた達にも旅行の夢を叶えてほしいからだ。そして、手に入れられることはどれぐらいあるか見せたいからだ。

ここで私達の恋人を言い落すわけにはいかない。いつも不安でたまらないのに、私達の夢を実現させている。女性たちは私達が遠くにいる時、家で全部をうまく運営している。そしてDrivenfarの次の世代を育ててくれている。

昔、誰かが言った。

「これからの挑戦の中で一番辛い旅行の困難は私の素晴らしい妻への恋しさだと経験から知っている。私の夢を分かっていて、応援してくれる人と一緒にいるのは何て幸せなことか絶対に忘れない。そんな人にまだ出会っていなかったら探すことで幸運を祈る。そんな人がそばにいるのなら私の言うことを分かっているだろう…」

それはどういうことか私達は良く分かっている。