•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

車で、遠くに、未知の場所にあり、一緒に、DRIVENFAR !!!

次のPassion4travel.orgの会議は、すでに2019年5月23日に開催されましたが、新しい場所、つまりPKiNのKINOTEKA、および18:30の珍しい時期に注目されています。

DRIVENFARまたは9人、3台のオフロード車、テント、鍋、釣り竿そして… 14,000キロメートル。日本へのユニークな旅行で数百時間、そしてこれは終わりではありません…それは実際に始まりです。

日本に着陸するまでの距離(ポーランドの幅の約15倍)を想像するのは本当に難しいです。そこに着くのは本当に難しいです。 Drivenfar、またはアマチュア旅行者のグループは、この課題を解決し、昨年ワルシャワから東京までの車輪で行きました。

はい、はい – アマチュアのグループです。料理人、配管工、2人のKorpo-ludki、2人の小さい起業家、Trader、および2人の小さい保険会社。実験に参加したランダムな参加者のグループのようですね。しかしそうではありません。

みんなDRIVENFARを長年創り続けています。

一緒に、彼らは旅行し、ますます成功します。今回彼らは日本に来ました。彼らの旅は、陸上、水上、空中での冒険のほぼ一ヶ月です。素晴らしい物流と小さな問題遠いロシアのシベリアとポーランドのおなじみのものがそれを描きます。ウラル、バイカル湖、中国との国境はもちろんのこと、韓国、そして最後に日本の田んぼ。ウラジオストク近くの野生の川、ザバイカルの野生動物は東京と富士山に群がっていました。トヨタのオフロードトラック生産という、絶対に特別なものがあります。ここでサスペンションの概念が生まれ、オフロードのクイーンフィールドソリューションが長年テストされてきました。彼らはそこにいて車に乗りました。

残念ながら、オーストラリアに向けてコンテナに入っているだけなので、彼らの車が映画館に住んでいるのを見ることはできません(準備と包装もレポートになります)。
5月には、パプアからダーウィンまでの3つの砂漠を横断する予定です。後にボーナス – パプアニューギニアのバックパックで1週間。

 

オーストラリアでは、Vegemite、VB、Jacobs Creek、ステーキ、Outback、砂、砂丘、Canning Stock Routeがポーランドからの3台の車で、そしてパプアでは誰にもわかりません。

世界を半分横断するには、プロのブロガー(旅行者)であり、1年の間すべてを投げる必要があると考える人は、DRIVENFARでそれがどのように行われるのかを確認する必要があります。

不完全で時々不正確な形での正、移動エネルギーの信じられないほどの線量。誰もが旅できるという事実への信仰の表現。そのようなショーから、ほんの少し前には不可能だったような別の旅への欲求が出てきます。

招待

Marcin GercとDrivenfar。

世界中 2018 – 2024

Nastepny post